健康維持の為のチャンピックス!電子タバコにも頼らず禁煙

禁煙補助薬チャンピックス

チャンピックスは禁煙治療のための服用薬です。12週間を1サイクルにしており、しっかりと継続することで依存性を立つことが出来るため禁煙には欠かせない治療薬と言えるでしょう。
タバコはその成分のニコチンが非常に依存性が高いため、止めようと思っても中々止めることが出来ない厄介なものです。その依存性はよく言われる依存物の中でも高く、アルコール等よりもずっと高くなっています。依存だけの話で言えば麻薬などと同等とも言われ、如何に禁煙が難しいものであるかがわかります。そのため完全に禁煙するためには治療薬のようなサポートが必要であり、使っていくことで確かな禁煙を行っていきます。
チャンピックスの成分はニコチンの依存を断つためにニコチンの受容体に結びつき、ニコチンの満足感を減らします。そのためタバコを吸っても美味しいと感じなくなり、自然とタバコから離れていくようになります。
これはニコチン切れのイライラ感も抑制する働きをしてくれるので、ニコチン摂取をしなくても大丈夫なようになってきます。依存性の原因であるニコチンを摂取しないでいられるような状態にするため、確実な禁煙が望めるでしょう。
禁煙グッズには種類があり、ニコチンパッチやガム、電子タバコなどがあります。
ものによって異なりますが、大体の物がニコチンを別の形で摂取したり口寂しさを紛らわすもので、ニコチンへの依存性を断つにはあまり向いていないものです。

これらの中で最も効果的なのは電子タバコです。
電子タバコにはニコチン入りと入っていないものとがありますが、禁煙の際には当然入っていない物を利用します。
吸ったあとで口から息を吐き出すと煙のような水蒸気が出るため、本当に吸っている気分になれるため、非常に高価的です。

とはいえ、禁煙グッズは一時的な対処の物が多く、本格的な禁煙には向いていないと言えるでしょう。
チャンピックスは医師と相談をしながら継続することで確実な治療を目指します。自分だけではニコチン切れの苦痛に耐え切れずタバコを吸ってしまうこともあり、治療途中でタバコを吸ってしまう人もいます。特に禁煙を始めた一週間というのは禁断症状が出やすく、一番イライラしてしまう時期なのです。その時期を越えれば比較的依存も軽くなり、禁煙継続も容易になってきますので、特にその厳しい時期を医師と相談などを設けながら乗り越えるというのが重要です。医師に限らず家族のサポートなどをお願いして、思わず吸ってしまいそうな時にストップをかけてもらうようにしましょう。
禁煙治療は自分の意志だけでは非常に困難です。中には自分の意志だけで禁煙できる方もいらっしゃいますが、それは元々タバコの本数が少なかったり、意志がとても強い方だと思います。どっちにしろ治療薬を使っての治療のほうが確実で負担も少ないため、便利な治療薬を使って効率よく禁煙治療を行っていきましょう。